動物と暮らす

黒猫の魅力をご紹介します!猫はインスタ映えの道具じゃない【日本の生体販売を考える】

今はどこに行ってもスマホで写真を撮っている人を見かけます。

私も、もちろんスマホで撮影することが大好きです。

猫たちのことや旅行に行った時のキレイな景色を、記念に残したいのは当たり前の心理。

でも、「インスタ映えするために動物を飼う」これは違うと思います。

私がツイッターで見つけて、許せないと思ったことを雑記として書き綴ります。

ツイッターで見つけた黒猫ツイート

@ran_cosmeは、たくさんの猫アカウントをフォローしていて、可愛い猫たちの写真を見ては仕事の合間に癒されています。

今日も可愛い猫たちのことをタイムラインで見ていた時に、リツイートがものすごい数があって黒猫のことが書いてあるツイートを見つけ、内容を読んで憤りを覚えました。

投稿されたテレビ放送の内容が許せないことでした。

内容を簡単に説明すると、

「黒一色の黒猫は可愛く撮るのが難しいため、インスタ映えしないと手放す人が急増中」

このような内容のテレビ放送のことがツイートしてありました。

 

うちにも黒猫のゴルナ(上の写真の子)が家族にいるので、こんなことを目にするとショックでなりません。

そもそも、猫と一緒に暮らしていることがインスタ映えするためということは、猫を写真のアクセサリーくらいにしか考えていないの?

そんな疑問が生まれます。

私は人間が猫を飼っているんじゃなくて、人間が猫のそばにいさせてもらっていると思っています。



動物と一緒に暮らすということ

なんのために動物たちと生活しているのか?

私の場合、ただただ一緒にいて幸せだから!

もちろん私も猫たちの写真を、それはそれは大量に毎日撮ります(笑)

でも、猫たちのありのままの姿をそのまま撮るのが好きです。

窓から外のスズメたちを見ながら、「ケケケケケ」と、鳴いてるところとか、そばで寝ているところ、そんな普通の写真を撮るが好きです。

 

猫たちの名前を呼んで撮影することももちろんあるけど、猫は気まぐれだからまず人間の思うようにはしてくれません(笑)

そこもまた猫の魅力の一つですよね。

パソコンに向かって仕事をしていると、いつの間にか隣りに寄り添って寝ていたり、猫たちは自由気ままにしていて、それでいて私たち家族にたくさんの癒しを与えてくれています。

私の大好きな猫アカウントnyanco!さん @nyanco696の、この素敵な写真をご覧ください。

この写真のように、猫たちの後ろ姿の写真を撮るのが私も大好きです。

私は子供たちが小さい時も同じように、後ろからこっそりよく写真を撮っていました。

それは後ろから撮影することで、被写体はまったくカメラを意識していないから、とても自然で素敵な写真が撮れるからです。

そんな自然に撮れた写真を整理して、モレスキンに貼り付けて記念に残すのも楽しいです。

私が愛して止まないモレスキンノートのことをまとめた記事はこちら▼

あわせて読みたい
モレスキンノートどんなふうに使ってる?魅力・種類・使い方・教えます世界中で愛されている、モレスキンノート。 私も毎日使っていて、とにかく私にとって欠かせない私の一部でもあるくらい大切で大好きな必須...

黒猫の魅力

黒猫は真っ黒で写真が撮りにくく、インスタ映えしないから手放す

こんな衝撃的なツイートを見て、思わず固まりました。

「インスタ映えする写真を撮るために、動物と暮らしているわけ?」と、憤りを感じずにはいられませんでしたね。

猫や犬やそのほか、可愛いペットたちと暮らして、自分のペットの可愛さをアピールするのは飼い主さんにとって楽しいことです。

私もその一人、自分の子たち自慢をツイッターでしています。

 

私たち家族は、元野良猫だった黒猫のゴルナを保護して一緒に暮らしています。

確かに、黒猫のゴルナの撮影は難しい。これは否めません。

でも、その真っ黒でどこがどこだかわからない、それさえ愛おしいです。

ゴルナの艶々で触り心地抜群な黒い毛並み、それは言葉では表せないほど美しいです。

夜暗い部屋で、ゴルナの瞳がキラッと光った時の美しさは月にも優ります。

黒猫の魅力、そんな神秘的なところを一緒にいることでたくさん発見できています。

黒猫のゴルナが私たち家族に幸せを運んで来てくれたのは間違いないです!

 

 

猫を家族に迎える時に、保護猫の里親になるという選択肢があることを書いた記事があるので、よければ読んでみてください▼

あわせて読みたい
猫と暮らす保護猫の里親になるという選択があることを知ってほしい!動物をお迎えする時の心構え動物と一緒に暮らすと言うことはライフスタイルも変わります。 それこそ今までの生活スタイルが一変します。 一緒に暮らす動物たち...

まとめ

今現在、日本ではペットショップでの生体販売が主流です。

2016年9月1日からは、ペットショップやブリーダーで生体販売の日齢は49日以降となりました。

生後49日という日齢を、どんな基準で決めたのがわかりませんが、まだとても小さい状態です。

以前、ミルクボランティアをしていた時に、何度もそのくらいの日齢の子猫を預かり、里親さんが決まるまで預からせていただいたことがあります。

うちの末っ子猫、クリーム茶トラのヒョンくんも私が生後3日目からミルクで育てました。

 

ヒョンは、コンビニのビニール袋に入れられて側溝に捨てられいたのを、次男の同級生の親御さんが保護をしてくれて、私が預かりミルクで育てました。

またそのことは別記事に書きます。

そのミルクボランティアを経て感じたことは、生後49日の子猫はまだまだまだ非常に小さく、親元でいろんな経験をして大きくなる時期だと私は思っています。

きちんとしたブリーダーさんの親元にいるならまだしも、ペットショップで夜間は留守になるようなところにいる子猫たちのことを思うと、胸が苦しくなります。

 

海外ではきちんとしたブリーダーさんから購入して、きちんと飼い主としての資格がある人しか、動物を飼うことが許されない国も多くあります。

日本の見世物のようにガラスケースの中に、犬や猫を押し込めて販売するシステムが、改善されることを強く願っています。

そもそも日本では、動物の迷子の届けを出すと物扱いなことがおかしいわけで、家族からしたらペットは物ではなくて家族ですからね。

そこを改善していくには、とても広い範囲からすべて改善していかなければならないでしょう。

それでもたくさんの愛猫家・愛犬家、そのほかの動物たちと一緒に暮らしている人たちが声を上げて、苦しい目に合う動物を少しでも減らす努力をしていくことが必要だと思います。

 

 

動物愛護法改正に力を入れてくれている、女優の杉本彩さんが理事長を務めている、公益財団法人動物環境・福祉協会Evaのことも記述のある、JAVA NPO法人動物実験の廃止を求める会。

【改正動物愛護法の制定】について、詳しく書かれているページをリンクしておきました。

ぜひ、読んでみてください。▶︎JAVA NPO法人動物実験の廃止を求める会

こうやって、動物たちを救うべき活動をしている人たちもたくさんいます。

一人の力は小さくても、みんなで声を上げ協力することで、小さな命を繋ぐことも可能です。

日本が動物たちにとって、暮らしやすく安全な国であってほしいと心から願っています!

今回も、最後まで読んで頂きありがとうございました。

ABOUT ME
Rania.K
Rania.K
毎日を楽しむ方法を発信しています。楽しみ方のヒント、女性のライフスタイル、フリーランスな働き方、海外移住計画のこともブログに書いています。フリーランサー14年目*親子でオタクな趣味ブロガー
RELATED POST