ハンドメイド

パーカーのフードを外す方法!手縫いで簡単にできるやり方「ミシンがなくてもOK」

パーカーのフードを外す方法を写真付きで詳しく説明しています。

パーカーのフードをとるとトレーナーとして着ることができますよ⌒*

パーカーのフードを小さくするリメイク方法はこちらです▼

あわせて読みたい
パーカーのフードリメイク方法!初心者でもできるやり方教えます既製品の洋服で、「ここがちょっと短かったらな」とか、「この部分がもう少し長くならないかな?」と思ったことはありませんか? やり方次...

パーカーのフードを取り外すリメイク方法

フードを外したパーカーは、GUで購入した上記写真のプルオーバーのパーカーです。

今回はミシンがなくてもできるように、手縫いでできる方法を説明します。

まずは、フードを切る部分に印をつけます。今回は前側の部分に丸みを持たせたいと思います。

後ろ側もぐるっと全部に印をつけました。

次は、印をつけた部分に縫い代分を残してハサミでカットしていきます。

印をつける時に縫い代分を入れて印をつけるやり方でも、どちらでもやりやすいやり方でやってくださいね。

フードをカットする時に多少曲がってしまっても、手縫いで中に織り込んで縫っていくので大丈夫ですよ。

不安な方は少し多めに縫い代を残しておくといいかもしれません。

ぐるっとフードを全部カットできました。



下記写真の赤矢印&丸部分をご覧いただくと、ステッチがあるのがわかると思います。

ステッチの縫ってある糸を解いて写真のような状態にします。(ステッチがなければこの工程は必要ありません)

次は、フードの端の部分の糸も解きます。(中に縫い込みやすくなります)

今回は端の部分に丸みをもたせたいので、だいぶ解いています。

端が四角の場合は下のような感じになります。イメージの参考にしてくださいね。(マチ針だけですみませんが^^;)

 

次は、丸みをつけたいカーブの部分を爪で押して形を整えて、縫い代を中に折り込んでマチ針をつけます。

縫い代を中に折り込みながら、襟全体にマチ針をつけていきます。



端の丸みをつけた部分のアップ写真です▼

マチ針をつけたところを手縫いで縫い合わせていきます。コの字とじで縫っていきます。

コの字とじ縫いは、写真の赤い線ようにコの字に縫っていきます。

 

コの字とじをキレイに仕上げるコツは、3・4目ほどゆるく縫ってから(下記左側写真参照)、糸を引っ張ると写真右側のようにキレイにできますよ。

初心者さんや慣れないうちは、ひと針ずつでもかまいません。自分自身のやりやすいやり方でやってみましょう。

 

下記写真は襟の後ろ側の生地が重なって厚くなってる部分です。

厚くなってる部分は写真のようにちょっとズラすことで、縫いやすいしもっさりするのを防げますよ。

縫う時のコツは指で強く押さえながら縫うとやりやすいです。(私はマチ針を外していますが、マチ針をつけたままでもOKです)

マチ針が邪魔だったり縫いにくい場合は、仮縫いをすると簡単にできます。

 

襟全体を縫い終わった写真です。

パーカーのフードの種類によって、前側の重なり部分がなかったり違うと思うで、お好みで変えてくださいね。

今回、フードを外したパーカーはフードの前側部分が重なっていたので、重なってる部分を縫い合わせました。

重なっている部分が離れないようになっているのが、写真右側でわかりますか?



糸を解く時に便利な道具

糸を解いた時に残った糸の細かい部分をとるに便利なのが、【糸抜き】です。私は特大サイズを使っています。

クロバー 糸抜(フラット・大) 22-003(ピンセット 糸貫 糸抜き しつけ糸 しつけ 切り躾 手縫い糸 ミシン糸 洋裁道具 裁縫道具 裁縫 洋裁 ハンドメイド 手芸 クラフト)
created by Rinker

大きな毛抜きみたいな感じですよね(笑)

先の部分がいろいろ種類があるので、使いやすいものを選んでくださいね。(もちろん毛抜きでも代用可能ですよ)



リメイクのビフォー&アフター写真

リメイクビフォー写真

 

リメイクアフター写真

手縫いでもパーカーのフードを外すリメイクを、簡単にキレイに仕上げることができました。

フードを残す部分の長さをお好みで変えれば、雰囲気も変わりますね。他にもリメイクしたら紹介しようと思います!

 

実際に着用した写真

パッと見た感じではもともとトレーナーのようで、パーカーのフードがあったように見えないと思いました。

ミシンでリメイクする時はリブニットに付け替えていますが、その方法は別記事で紹介します。


まとめ

今回は次男が着なくなったGUのパーカーをリメイクしてみました。

ミシンを持っていなくても、フードを外して手縫いでリメイクする方法でも、十分キレイに仕上がると思いました。

フードを外した部分はお好みで丸みをつけたり、長さを変えたり、自由にアレンジしてみてくださいね。

最近の幼稚園や保育園ではパーカーは禁止なところもあるようです。フードが引っかかり危ないからかもしれませんね。

私の孫が保育園に通うのはまだ先ですが、子供たちが通っていたころより事情が変わっているんでしょうね。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

ブログランキングに参加しています!
この記事が面白かったらポチッと(^^)

ABOUT ME
Rania.K
Rania.K
毎日を楽しむ方法を発信しています。楽しみ方のヒント、女性のライフスタイル、フリーランスな働き方、海外移住計画のこともブログに書いています。フリーランサー14年目*親子でオタクな趣味ブロガー
RELATED POST