口コミレビュー

キャットタワー買って残念だったもの!不具合を解説します

猫好きな我が家で買った、キャットタワーの残念だったところを今回は解説していきます。

同じ楽天ショップから2回、同じデザインのものを購入しています。

最初に購入したキャットタワーがフルモデルチェンジしたこともあったので、同じキャットタワーの比較もしていきます。

らん
らん
あくまでも個人の意見で、購入したショップを非難するつもりはありません。

キャットタワーの詳細

最初にキャットタワーを購入したのは2016年の12月。

楽天のマーキュリーエイトさんで購入。>>マーキュリーエイト

一つ目のキャットタワー

高さが150センチの、ブラウンのモコモコ生地が可愛いキャットタワーを購入。

4,148円 送料込み(税別)

土台にポールが3本あってステップ階段付き。(写真では階段を外してあります)

ポールの太さは7センチ。

1段目に箱が一つあり、その上にもポールがあって台が一つ。

箱の横にもポールがあって台が一つ。

ポールには全てに紐が巻きつけてあって、猫たちが爪研ぎをガリガリできるお気に入りの部分でした。

 

1段目にある箱は、丈夫な箱にモコモコ生地が貼り付けてあるもの▼

固い箱の表面にモコモコ生地がくっつけてあって、うちの愛猫たちのお気に入りの場所。

猫ってほんと箱が大好きですよね。

購入して半年くらいで、箱の横のポール付き台が、ポールの付け根から折れました。

これは、1段目の台とポールのネジの緩みをきちんと直さなかったから、折れたんだと思います。

 

猫たちの年齢や遊び方で違うかもしれないけど、定期的にポールと台のネジを締め直さないと、ポールがグラグラしちゃってました。

うちの愛猫たちはまだ若い子が多いし、大きめの男の子もいて、キャットタワーへ飛び移ったりする振動でネジが緩んでしまうのは、キャットタワーがグラグラ不安定で見ていてちょっと不安な気持ちになりました。

 

そして購入して1年後には、箱の上のポール付き台も、ポールの付け根から折れました▼

ポールの上の台は、捨てるために外したんで壊れたわけじゃないです。

そんなわけで新しいキャットタワーを買うことに。。。

 

二つ目のキャットタワー

二つ目のキャットタワーも、楽天のマーキュリーエイトさんで購入。>>マーキュリーエイト

購入したのは2018年の11月。

なんと言っても、このキャットタワーはお値段が安い!

二つ目も、最初に購入したのと同じタイプの高さが150センチある、デザイン的には同じものを購入しました。

今回はピンクのモコモコ生地のキャットタワー。4,444円 送料込み(税抜)

商品ページの説明に、いろいろとリニューアルされて、フルモデルチェンジとあって、値段が安いのもあるけど、前回のキャットタワーと比較できるかな?と思って購入。


キャットタワーが届いた日には愛猫たちも大喜びで、こんな感じに満員御礼状態▼

らん
らん
可愛いチョア姫がピンクの台にいるだけで絵になるわ!

 

フルモデルチェンジの詳細

では、一つ目のキャットタワーからの、フルモデルチェンジした詳細を説明していきましょう。

まずはキャットタワーの肝心な足部分、ポールの太さが7センチから9センチへとチェンジ。

写真でわかるように、明らかに太くなってます▼

新しく購入したキャットタワーのポールの太さが変わったのを実際に見ると、最初に購入したキャットタワーは、ポールが細かったせいで安定しなかったのかな?と。。。

うちの一番体が大きい(体重約6キロ)男の子ヒョンくんが、走って助走が付いたままキャットタワーに飛び乗ると、倒れるんじゃないかと思う時があったから。

キャットタワーの高さが150センチあるから、安定しないのは仕方ないのかなぁ、と諦めてたけど、ポールの太さが原因だったのね。

ちなみに、最初に購入したキャットタワーは、ポールが細くてグラグラして安定はしなかったけど、キャットタワーが倒れるようなことは一度もありませんでした。

 

そんな安定しないキャットタワーで遊んでる愛猫たちをいつも見てたから、ポールが太くなったことは実に嬉しい。

でもポールが太くなって安定したのはいいけど、ポールに巻き付けられていた紐がなくなってモコモコ生地に変わったことをここで思い出す。

キャットタワーの商品ページで見た時は、「モコモコ生地が全体的に増えて可愛くなってる〜」と思ってたけど。

キャットタワーが届いて組み立てる時に、ポールに紐が巻かれてないから、猫たちが大好きなガリガリする爪研ぎができない、と気づきました(>_<)

《ポールに紐が巻かれていない=ただのポール》

なんでそんな大切なことに、気がつかなかったんだろうと。。。

見た目の可愛さよりも、猫たちのことをもっと考えなくちゃと反省。

 

次に変わった部分は箱。

固い箱だった部分が、ただ生地で覆われてる箱の形をした空間になってしまってました(⌒-⌒; )

もちろん説明欄にそう書いてあったけど、実際見てみて安っぽい作りに愕然となった。

値段が安いから仕方ないといえばそれまでだけど。

 

写真のように一応箱みたいにはなってるけど、最初に購入したキャットタワーみたいに固い箱になっていなくて、周りはピンクのモコモコ生地だけです▼

四隅に細めのポールを組み立てて、いわゆるテントみたいな仕様になってます。

それ故に、中に愛猫たちが入っていて、外側に他の猫たちの影が映ってしまうと、猫の習性でついつい爪でガリッとな。

すると、すぐにこんなふうになっちゃいました▼

そして写真みたいに少しでも穴が開いちゃうと、次の展開はご想像通りに、あっという間にこんな感じに▼

ここまでの穴の大きさになったのは、購入して3日目のこと。

あっという間に猫たちが通れるほどの大きさの穴に進化w


しかも穴が開いて解けた部分をゼルちゃんとヒョンくんが、ハムハム噛むようになってしまった(>_<)

ヒョンくんは誤飲グセがあって、ハムハムしてるうちに飲み込んでしまうことがあるから、早急に穴を補修しなくては!

ツイッターで穴の補修方法を教えてもらって試した方法は、100均に貼り付ける生地があるから、その貼り付ける生地を使って穴を塞ぐための応急処置でやってみることに。



モコモコ生地に開いた穴を補修する方法

ツイッターのフォロワーさんからのアドバイスで、100均の貼り付ける生地を使って、モコモコ生地の穴を修復してみました。

ダイソーに行ってみたら、貼り付けられるようになってる生地がたくさんあって、今回は赤のドット柄を選んでみた。

使ったのはダイソーの貼り付けられる生地▼

ひとつのサイズは、34.5センチ×45センチ。

これならミシンが使えない人にもいいですよね!

 

写真のように、裏側にはマス目がついていて、カットするのに便利▼

使いたい大きさにカットしたら、剥離紙を剥がして簡単に貼り付けることができます▼

モコモコ生地の穴を、表側と裏側ともに修復しなくちゃならないから、同じサイズに2枚カット。

カットしてから角が剥がれにくいように、丸くカットしました。

カットしたら、次はモコモコ生地の表側と裏側に貼るだけでOK!

仕上がりはこんな感じ(表側)▼

裏側から見るとこんな感じ▼

ヒョン
ヒョン
ハムハムする穴が消えちゃったぞ!
らん
らん
ハムハムして遊んでいた穴が消えちゃって、ヒョンくんはこうしてずっと見つめてましたw

100均だから貼り付き加減が心配だったけど、剥がれることはなかったですよ!

 

安全面で疑問に思った部分

その他に、私が個人的に安全面でこれはないよね?と思った部分があるんだけど。

先にも説明したように、ヒョンくんは誤飲グセがあるし、まだ1歳でヤンチャだし、性格的にも落ち着きがない子がいるからそう思うのかもしれないけど。

最初に購入したキャットタワーがリニューアルされたところで、安全面で疑問に思った箇所がコレ▼

一段目の下についているハンモックの紐に、赤丸部分のように金具が付いてました。

こちらは、最初に購入したキャットタワーのハンモック紐部分の写真▼

台に直接留めてあって、ハンモックは取り外せない仕様でした。

金具を付けることでハンモックが外せて、洗濯ができたり、ハンモックがいらない場合は取り外せる、ということなのかな?

取り外せることは便利なのかもしれないけど、使っている金具自体も簡単に外れてしまうような作りのものなのが怖い。

うっかりその金具が外れたら、うちのヒョンくんなら高い確率で飲み込む可能性があるから、うちはすぐハンモックを外しちゃいました。

 

ハンモック自体は、モコモコ生地で可愛いですよ▼

ハンモックの全体はこんな感じです▼

あんまりイタズラもしなくておとなしい子なら、心配はないかもしれないけど。。。

うちのヒョンくんはこんな感じだから、私が心配するのわかってもらえます?▼

らん
らん
なんでもハムハムするヒョンくんの、誤飲に繋がりそうなものは最初から排除するのが大切だと思ってます。

 

このキャットタワーはポールが折れやすい

新しく買ったモコモコピンクのキャットタワーも、箱の上のポールがすぐに根元からポキっと折れてしまった。

最初に購入したキャットタワーのポールが折れたのは、買って半年くらい経ってからだったから、ネジが緩んだのを締め直さないでそのまま使っていたのが原因だと思っていたのね。

でも今回、購入してすぐにポールが折れたことを踏まえると、このキャットタワーのポールは折れやすのではないかと。

半年〜1年、うちの愛猫たちのように元気よく激しく使っていれば、多少はガタがくるのは仕方ないとして。

今回みたいに新しく買って、すぐにポールが折れるのはちょっと作りが弱いと思いますよね?

 

現在はポールが折れてしまってこんな感じに、キャットタワーを二つ並べて使っています▼

最初に買った茶色のキャットタワーは、1段目から上のポールは2本とも折れちゃったから、ポールは一つもなくなっちゃいました。

ピンクの新しく買った方は、箱がなくなってしまったけど、ポールが一つ残ってる状態。

高さがなくなったから、グラグラして安定しないようなことはなくなりました。


キャットタワーまとめ

うちで購入した、楽天のマーキュリーエイトさんのキャットタワーの解説でしたが、マーキュリーエイトさんを批判してるわけじゃないので悪しからず。

あくまでもうちで使ってみた口コミレビューとして、同じキャットタワーの購入を検討している人の参考になれば嬉しいです。

今のところ、新しいキャットタワーを購入するにあたって、どんなタイプのものがいいのか調べている状態です。

また、新しくキャットタワーを購入したら、比較もしていこうと思っています。

 

二つ同じタイプのキャットタワーを購入して思ったことは、当たり前だけど猫たちの安全性を一番に考えられたものがいいなと。

5,000円以下のキャットタワーだとこのくらいなのかな?と思うところです。

大切な愛猫たちの安全面を一番に考えて、次に買う時はたくさんリサーチしようと思います。

今回も、最後まで読んで頂きありがとうございました。

ABOUT ME
Rania.K
Rania.K
毎日を楽しむ方法を発信しています。楽しみ方のヒント、女性のライフスタイル、フリーランスな働き方、海外移住計画のこともブログに書いています。フリーランサー14年目*親子でオタクな趣味ブロガー
RELATED POST