動物と暮らす

猫と暮らす保護猫の里親になるという選択があることを知ってほしい!動物をお迎えする時の心構え

動物と一緒に暮らすと言うことはライフスタイルも変わります。

それこそ今までの生活スタイルが一変します。

一緒に暮らす動物たちの安全のための対策はもちろんのこと、一緒に暮らすために必要なことや心構えがたくさんあります。

保護猫4匹とインコ2羽と一緒に暮らしている私から、動物と一緒に暮らす・保護猫の里親になるという選択肢があることを知ってほしい。

今回はそんな想いを込めて書きました。

お迎えする時は家族全員の同意を得る

まずは、動物をお迎えする時は、必ず家族全員の同意を得てください。

これはできる限り絶対!

一人でも反対する家族がいる間は、お迎えすることを断念することも大切です。

なぜなら、家族の助けも必ず必要になってくるからです。

注意今回は家族多数で生活をしている、我家の場合として読んでいただけると幸いです。

私の仕事の都合で、日中家を空けなければならない時もあります。

その時に、普段私がしている猫たちのこと、インコたちのこと、そしてボランティアでしてる預かり猫のことを、家族の誰かに代わってしてもらわなければなりません。

その時にはやはり家族の協力が必要になります。

ライフスタイルの変化や仕事の変化、これらは避けられませんよね。

当初は自分一人でも大丈夫だったとしても、ライフスタイルの変化は必ず訪れます。

だからこそ、動物をお迎えする時に、家族全員の同意を得ておいて、家族に協力してもらえる環境を整えておきましょう。

 

預かり猫のモモちゃん

今現在、私が預かっている三毛猫のモモはだいぶケアが必要なので、普段から私がしていることも見てもらい同じようにしてもらう必要があります。

普段から協力してもらい、私に何かあってもバックアップしてもらえる状況にしています。

私にとって家族は心強いサポーターで理解者です。

モモを保護団体さんから預かった当初、里親さんが見つかるまで人慣れトレーニングを兼ねて、私たちと一緒に生活をして人間との生活に慣れてもらう予定で来ました。

もともと、スリスリ猫だったので特別トレーニングは必要なかったけど(笑)

人馴れトレーニングは全く問題なかったのですが、病気(FIV)が陽転となり、しかも発症の症状が現れ状況が一変しました。

動物病院を受診して検査の結果、FIVを発症してしまっていました。

それを踏まえて、看取り預かりを保護団体さんへ申し出ました。

預かった当初とは異なり、状況が変化した際にもちろん家族で話し合い、その結果、家族全員一致で看取り預かりをするということに。

今はモモが少しでも快適に、そして1日でも長く私たち家族と過ごせるように一緒に生活をしています。

FIVについて

猫免疫不全ウイルス(FIV)感染症。

猫を飼っている方なら皆さんご存知のことと思いますが、不治の病といわれてます。

猫エイズとも呼ばれていて、エイズというワードから偏見も多い猫の病気です。

人間には感染しませんが、猫には感染します。

FIV詳細は、ねこちゃんホンポを参考にしてください。>>『FIVについて(ねこちゃんホンポ)

野良猫や猫を保護した時に、動物病院を受診すると必ず検査をする病気の一つです。

モモを預かった当初の猫白血病・猫免疫不全ウイルス検査結果は陰性。

陰性反応だとしてもうちでは預かり猫ちゃんは、うちの猫4匹のいる猫部屋とは別の預かり部屋で生活しています。(長男の部屋)

モモは保護されてすぐ検査一式・駆虫すべて済んでから、我家に来ました。

駆虫してしばらくは、ノミが身体からポロポロ落ちるので、2段ケージで過ごしてもらいました。2段ケージ一応、2つ用意しています。

モモは獣医さんが歯から出した推定年齢は1歳前後。

預かった当初の体重はたったの1.8キロのガリガリで、肋骨も背骨も骨盤も毛の上からでもわかるほど浮き出ている状態でした。

子猫より体重少ないです。

とにかく、まずはご飯を食べて体重を増やして体力を付けることから始めました。

このツイッターのモモは預かってから、約2ヶ月半の頃。




猫や犬の飼い主の皆さんの心強い味方、ヒルズの回復期ケアa/d缶はご利用になる人も多いと思います。

我家では必ず常備している神缶です。

ペースト状の柔らかくなったフードで、弱っている子達も食べやすくなっています。

ヒルズの回復期ケアa/d缶

この神缶のa/d缶をたくさん食べて体重を増やして大きくなって、ボランティア団体さんと一緒に里親さん探しをゆっくりする予定でした。

でもなかなか思ったようにモモの体重が増えない、そして食べた後に口の中を気にする仕草があったので、動物病院を再度受診。

そこで獣医師に言われた言葉が、FIV陽転とすでに発症していることでした。

うちに来た時に衰弱も激しかったから、なかなか体重も増えないんだろうくらいに思っていたので、言われてすぐには納得もできず先生に質問することすらできませんでした。

その後、獣医師先生からは余命宣告まで言われ、ただただ涙が出るばかり。

でもふと、泣いてても始まらない!強くなって私がモモを守らねば!と。

獣医師先生にできる限りの質問をして、「今のモモに何が必要なのか?」

「何かできることはあるのか?」

細かくメモを取り、次男とモモと帰宅してその夜、家族会議を開き全てを話し、どうしたいか一人一人の意見を聞くことに。

全員一致で引き続き預かる決意表示=看取り預かりをすることになったわけです。

 

View this post on Instagram

 

モモちゃんのこと。 ちょうど次男の夏休みの始まった日、7月21日に我家に来たモモ。 預かった時は骨と皮だけでお肉はどこにもついてない衰弱した状態でした。体重1.6キロ。 2〜3日しかもたないかも…と言われてたけど、1ヶ月半経ちました。 * * * 今日のポストはよい報告ではないので、ご了承ください。 楽しいこと嬉しいことだけではなく、悲しいこと辛いことも強く生きていくためにInstagramにも残しておきたいと思ってます。 なにより私の備忘録として… * モモは今週の週明けくらいから口の中を気にする仕草があったから、モモを保護して最初に診てくれた病院を受診しました。 血液検査、口内検査、黄疸の様子ほかいろいろ検査をして先生に告げられたのは、ネコ免疫不全ウイルスFIVキャリアではなく発症していると… * なかなか体重が増えないし、口内炎症状が出てきたから心配していて、嫌な予感が的中しちゃいました。 * 先生にハッキリと先は長くないと言われてショックだったけど、今はモモが一日一日幸せに暮らせるようにしてあげたい! ネコインターフェロンを先生の指示に従ってやっていこうと思います。 免疫力が落ちないように栄養状態を管理して、回復期ケアのa/d缶を中心に食べやすいペースト状のごはんだったけど、カリカリ系の方が口内を清潔に保てるし、腎臓も弱っているモモに合うフードに切り替えました。 * 看取り預かりとなり、預かった当初より泣いたり笑ったりとモモの様子に一喜一憂する毎日です。 * 大きな声で鳴けないモモがリビングで仕事をしている私を呼ぶ時のドアとんとん…その音を聞くだけで幸せな気持ちになれる、そういう小さなことでも幸せだと思えるのは我家の動物たちのおかげです。 * モモのいる長男の部屋で仕事ができるように折りたたみのPC机を買いました。ラップトップ1台でできる作業の時はモモの部屋でお仕事です。 モモ部屋で仕事をする私にずっと寄り添っているモモが一日でも長く幸せに過ごせることができますように! * モモと私の目標は一緒に除夜の鐘を聞く! 神様、この小さな夢をどうか叶えてください! * モモのことは私のNative Tanの日本語でキャプションしていこうと思います。 * I pray to the god for her. Amen. * * #cats #ilovecats #catsofworld #ilovemycats #love #pawsome #猫 #猫のいる暮らし #保護猫 #預かり猫 #猫#NOMOREALLEYCATS #猫免疫不全ウイルス #FIV

ran.Kさん(@ran50_k)がシェアした投稿 –

ブログを始めたきっかけ

今年の9月4日、忘れもしない台風の中、動物病院を受診してモモに告げられた病名と余命。

余命は9月いっぱいは難しいと言われていたのに、今は10月も末に近づいています。

告げられた余命は約1ヶ月を過ぎることができました。

モモを預かったのが次男の夏休みが始まった、7月21日(土)のこと。

モモより前に預かった猫たちは、ほとんどが子猫で成猫を預かったのは今回のモモが初めての経験となりました。

一番多く預かった子猫たちは、まだミルク飲みの子猫のミルクボランティアをしていたので、生まれて間もない子たちばかりでした。

そのため里親さん候補は多く、全ての子猫たちが現在も里親さんの元で幸せに暮らしています。

季節ごとに届く猫たちの成長報告と写真は私の宝物です。

今回初めて預かった成猫のモモは、保護された時に衰弱が激しく骨が浮かび上がるほどガリガリで、栄養失調と風邪をひいて瞬膜も癒着をしており、インスタグラムやツイッターでよく見る可愛らしい表情とは違いました。

私は初めてモモを見た時に、「猫のダヤンのようで可愛い!」としか思えなかったけど、一般的に言えばそうでないと言われそうな外見でした。

成猫は里親さんが見つかりにくいプラスその外見で、私は長い預かりになることは覚悟していました。

野良猫なのにモモは初めからスリスリ猫だったし、もしずっと里親さんが見つからなかったら、私が引き取る覚悟もしていました。

その覚悟をしたことも、本業のフリーランスの仕事量を減らすきっかけにもなりました。

どうしても打ち合わせなどで外出しなければならない時に、家族がいても心配なのはモモの急変のこと。

そしてモモのことや、里親さんになる選択肢があることを、ブログで発信していこうと思ったことが、このブログを始めるきっかけの一つになりました。

 

モモちゃんと次男



モモの現在のフードと治療

今現在、モモは栄養管理をしっかりして、寒くないよう完全空調完備をして、インターフェロンを受けています。

できるだけモモと一緒に過ごす時間を設けて、モモとたくさん毎日話をしています。

保護当初に食べていた、ヒルズのa/d缶はペースト状のため、FIVによって口内炎ができやすいモモには、ペースト状のフードは歯茎に残りやすく口内炎の原因にもなりやすいので、今は与えていません。

獣医師の指導の元、腎臓も弱っている状況を考慮して、現在はロイヤルカナンの腎臓サポートが一番調子が良いようです。

カリカリだと歯茎に残りにくく、口内炎の原因を減らすことができています。

 

ロイヤルカナンの腎臓サポート(ドライフード)

 

獣医師先生の指示で、このロイヤルカナンの腎臓サポートに変えてから、モモは口内炎になることがなくなりました。

栄養価も高いのでモモにとって、今はベストなフードです。


保護猫の里親になるという選択肢

今回この記事を書くことで、モモの成長記録と私の備忘録にもなることと、同じような猫ちゃんの飼い主さんの参考になることを願っています。

「希望は捨てていません!」

そして、動物をお迎えすることを決めた時に、ペットショップだけではなく、保護猫保護犬の里親さんになる選択肢があることを、たくさんの人に知ってもらいたいと思っています。

たくさんの動物保護団体さんの元で、ずっとのおうち&ずっとの名前を欲しいと願っている動物たちがたくさんいます。

その子たちの里親さんが見つかり、家族とずっと一緒に暮らして幸せになれることを、心から願っています。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

ブログランキングに参加しています!
この記事が面白かったらポチッと(^^)

ABOUT ME
Rania.K
Rania.K
毎日を楽しむ方法を発信しています。楽しみ方のヒント、女性のライフスタイル、フリーランスな働き方、海外移住計画のこともブログに書いています。フリーランサー14年目*親子でオタクな趣味ブロガー
RELATED POST