ハンドメイド

スパッツをマタニティ用にリメイクする方法!きついお腹部分を直す

今回の洋服お直しリメイク方法は、普通のスパッツをマタニティ用スパッツにお直しする方法をご紹介します。

ブラジルでは、マタニティ用の洋服を購入する人は少ないんです。

私の周りではTシャツにスパッツで、妊娠期間を過ごしている人がほとんどです。

スパッツも妊婦さん用ではなくて普通のスパッツをそのまま履いていて、お腹が大きくなったらお腹の部分までスパッツを上げないで履いている人も多いんですよ(笑)

ブラジルは年間通して暖かいので、日本のように冷えの心配がそれほどないからそんな調子です。

さすがに日本ではお腹が冷えたら大変なので、お腹の部分をリメイクしてサイズを大きくしてみました。

らん
らん
私のスパッツを、娘のマタニティ用スパッツにリメイクしてみました。妊娠・出産・子育てはお金がかかるので、少しでも節約に繋がるようにしたいですよね。

洋服お直しリメイクの参考になりますように!

あわせて読みたい
ハンドメイドの作り方・やり方【初心者でも作れるものを紹介します】この記事では【ハンドメイド・リメイクの作り方・やり方・コツ】などを、写真付きで説明しています。 初心者さんでも作れる簡単なものから...

普通のスパッツをマタニティ用にお直しリメイクする

先日、私がしまむらで購入したスパッツを、自分のジャストサイズにお直しリメイクする方法をご紹介しました。

詳しい記事はこちら▼

あわせて読みたい
スパッツ&ズボンのサイズお直し方法!コツ&やり方がわかれば意外と簡単既製服の合わない部分を、自分でお直ししてみませんか? 今回は、スパッツやズボンの幅を小さくする方法をご紹介します。 家庭用ミ...

 

今回はそのスパッツを、娘のマタニティ用スパッツにお直しリメイクする方法を、写真と一緒に説明していきます。

娘
妊娠19週目になり、普通のパンツだとそろそろお腹が苦しくなってきたから、ママにリメイクしてもらいました。

 

伸びる素材ニットジャージ生地を縫う時の注意点

  1. ニット用針に変える。
  2. ニット用糸を使用する。
  3. ニット用ミシンがない場合は端が解けないようにジグザグミシンで処理をする。

参考までに、私は2本針のニット用ミシンを使用しています。

 

マタニティ用スパッツにお直しする手順

マタニティ用スパッツの、お直しリメイクに使ったスパッツはこちら▼

このスパッツのお腹部分をリブニットに代えていきます。

まずはお腹の部分が大きくなっても大丈夫なように、リブニットをつける部分に印をつけます。

横から見るとこんな感じ▼

 

印をつけた部分をカットすると、こんなふうになります。(前から見たところ)▼

カットする時に縫い代部分を忘れないようにしましょうね。

次は、お腹に付けるリブニットをカットします。

先にカットしたスパッツのカット部分に沿うように、リブニットに印をつけます。▼

スパッツの横から見たカットした部分に合わせて、リブニットに印をつけました。

印をつけた部分をカットします。

リブニットがない場合は、気なくなったTシャツなどを利用してもOKですよ。

そしてカットしたスパッツとリブニットを、中表に合わせてミシンで縫います。

縫い合わせて、前から見た写真がこちら▼

次は、ウエスト部分のリブニットをカットします。▼(ゴムと紐を通す部分)

リブニットが輪になっているところをカットして、折り返す真ん中に印をつけて、内側にくる1センチ下がった部分にゴムと紐を通す部分を作るから、その部分にも印をします。▼

赤色の矢印部分だけは縫わない。

他の部分をまっすぐ縫うと、その部分だけ空いている状態になります。(指が出ている部分)

リブニットを表側にして、縫い合わせた部分を両側に倒してステッチをかける。

そうすると表側から見るとこんな感じに、ゴムと紐を通す穴ができます。▼

ここからウエストゴムと紐を通せます。

リブニットを二つに折って、先ほどお腹にリブニットをつけた部分のウエスト部分に縫い合わせれば出来上がり!



お直しした着用写真

お腹の部分に手を入れて、妊婦さん風に写真を撮ってみました。

お直しリメイクしたお腹の部分がリブニットになって、お腹が大きくなっても大丈夫なのが写真で伝わるかな?

 

お直しの最後の工程、ウエストに縫い付けたリブニットの幅は、娘の希望で幅を広くしてあるけど。

もっと、普通のスパッツみたいなウエストゴム幅でもいいと思います。

今回は二つ折りにして、幅が20センチにしました。

 

お直しの手順
  1. スパッツのお腹にリブニットをつける部分に印をつける。
  2. 印をつけた部分を縫い代部分を入れてカットする。
  3. リブニットをスパッツのカットした部分に沿うように印をつけてカットする。
  4. スパッツのカットした部分と、リブニットを中表にして縫い合わせる。
  5. ウエストのゴムと紐を通す部分のリブニットをカットする。(幅はお好みで)
  6. リブニットの輪になってる部分をカットする。
  7. リブニットを半分に折ったとこと、ゴムと紐を通す穴の部分に印をつけて、印を付けた部分以外を縫い合わせる。
  8. 表側から縫い合わせた部分を両側に倒してステッチをかける。
  9. リブニットを二つに折って、お腹につけたリブニットに縫い合わせる。
  10. ウエストにゴムと紐を通して出来上がり!

お直しまとめ

今回の難しいかな?と思うところは、スパッツとリブニットのテンション(伸び具合)が違うから、違う素材を縫い合わせるのが大変かなと。

特に、斜め部分はリブニットが伸びるから、その部分はリブニットは押し込んで縫う感じにすると、サイズがぴったり縫い合わせることができます。

スパッツとリブニットの前中心部分がズレないように、先に待ち針などで合わせておくといいですね。

 

私が妊娠していた時代とは違って、今は楽天やアマゾンでも、マタニティ用スパッツがお安く売ってるから羨ましわ。

それでも、ミシンができる人ならリメイクするのもいいんじゃないかと。

今回は、私のスパッツとリブニットを使ったんだけど、リブニットをわざわざ用意しなくても、きなくなったTシャツを代用するのも一つに方法。

着なくなったTシャツを使えば、材料費0円で済むから!

履いていないようなスパッツやTシャツは、マタニティ用にリメイクして、出産したら惜しみなく捨てることもできて断捨離にも繋がる。

妊娠・出産は出費もかさむから、少しでも節約できると嬉しいですよね。

そんな節約のお役に少しでもなれば嬉しいです。

今回も、最後まで読んで頂きありがとうございました。

ブログランキングに参加しています!
この記事が面白かったらポチッと(^^)

ABOUT ME
Rania.K
Rania.K
毎日を楽しむ方法を発信しています。楽しみ方のヒント、女性のライフスタイル、フリーランスな働き方、海外移住計画のこともブログに書いています。フリーランサー14年目*親子でオタクな趣味ブロガー
RELATED POST