ハンドメイド

スパッツ&ズボンのサイズお直し方法!コツ&やり方がわかれば意外と簡単

既製服の合わない部分を、自分でお直ししてみませんか?

今回は、スパッツやズボンの幅を小さくする方法をご紹介します。

家庭用ミシンとニット用ミシンを使ってお直しする方法になります。

パーカーのフードをリメイクする方法はこちら▼

あわせて読みたい
パーカーのフードリメイク方法!初心者でもできるやり方教えます既製品の洋服で、「ここがちょっと短かったらな」とか、「この部分がもう少し長くならないかな?」と思ったことはありませんか? やり方次...

お直ししてジャストサイズで洋服を着る

既製品の洋服のサイズが合わない場合、どうしていますか?

私の場合、一番サイズが合わない箇所は、パンツ類の膝から下部分と袖&裾の長さなんです。

 

今回ご紹介するのは、パンツ系の幅を小さくする方法をできるだけわかりやすく、写真と一緒に解説していこうと思います。

パンツ系をすっきりタイトなスキニーで履きたいのに、既製品はだいたい膝から下のサイズ幅が緩めなので、お直しリサイズしています。(丈も足りませんw)

お尻と太ももが外国人サイズのため仕方ないですね(笑)

仕事がら、お直しできるのは当たり前だけど、普通の人にも自分でお直しできないだろうか?と思って、簡単にできる方法を考えてみました。

厚めの生地のものだと重なった部分が、家庭用ミシンだと縫製が難しいかもしれませんが、お直しのやり方の参考になれば嬉しいです。

らん
らん
どちらかというと、タイトな着こなしが好きな人向けのお直し方法かもしれません。

ダボっとした洋服が好きな人でも、ちょっとだけサイズダウンしたい時に参考になるかと思います。

あわせて読みたい
スパッツをマタニティ用にリメイクする方法!きついお腹部分を直す今回の洋服お直しリメイク方法は、普通のスパッツをマタニティ用スパッツにお直しする方法をご紹介します。 ブラジルでは、マタニティ用の...

お直しの手順*スキニージーンズ編

今回お直ししたのは、裏側がボア素材になっているストレッチブラックジーンズ。

写真は裏返した状態です。

写真のように(赤線部分)、だいたいのお直しサイズの印をつけます。

 

今回は膝から裾までお直ししたいので、まずは裾を解きます。

そして、お直ししたいだいたいのサイズをチャコペンで印をつけます。

印をつけたところを、ミシンで直線縫いします。

(ジーンズがストレッチ素材なので、糸はニット用を使用しています。)

ミシンで直線縫いをしたら、サイズ確認のために履いてみます。

(もし履いてみてきつかったら、この時点ならまだサイズ変更できるので試着をおすすめします。)

 

試着してみてサイズがちょうどよかったら、ハサミで余分な部分をカットします。

縫い代幅を元々のサイズに合わせると、綺麗に仕上がりますよ。

カットした部分が解けてこないように、端にロックミシンをかけます。

ロックミシンがない場合は、ジグザクミシンでも大丈夫ですよ。

最後に、解いてあった裾を縫って出来上がりです。

裾を縫う時に生地が重なって厚い部分が、家庭用ミシンだと縫えないかもしれないのが問題かもしれません^^;

家庭用ミシンを使わないので、どのくらいの厚さのものまで縫えるのかわからなくてすみません。

ちなみに私がやっている方法なんですが、生地が重なって厚くなっている部分を薄くするのには、木製のトンカチで叩いています。

これをすると少し厚みが薄くなりますよ。参考までに。

 

スキニージーンズお直しの手順
  1. 裾を解く。
  2. パンツを裏返して、お直ししたいサイズの印をつける。
  3. 印をつけたところをミシンで直線縫いする。
  4. 念の為、試着してサイズを確認してみる。
  5. 余分な部分をハサミでカットする。
  6. カットした部分にロックミシンかジグザグミシンをかける。
  7. 最後に裾を縫って出来上がり!



お直しの手順*スパッツ編

スパッツの場合は、ストレッチ生地のテンションがストレッチジーンズよりも伸びる生地なので、ニット用のミシンを使うことをおすすめします。

ストレッチ生地を直線縫いする場合、ストレッチ生地が伸びるので糸が切れてしまうのでおすすめできません。

ニット用ミシンがない場合は、直線縫いで縫うよりもジグザク縫いの方が糸切れしにくいと思います。

これも、私は家庭用ミシンを持っていないので、検証できないため確証はありません。すみません^^;

どうしても直線縫いで縫製する場合、せめてニット用の糸を使用することで糸が切れにくいかもしれません。

これも確証がないので、糸が切れない方法ではなくて、糸が切れにくい方法になります。

上記の方法をやったことがないので、はっきりしたことは言えませんが・・・スパン糸を使うよりは良いと思うけど、膝などの曲げることが多い部分は生地が伸びるので、糸が切れる確率は高くなると思います。

 

それでは、スパッツのお直しの手順にいってみましょう。

まずは、お直ししたいだいたいのサイズの印をつけます。(裏側にして印をつける)

印をつけた部分に、縫い代分を残してハサミでカットします。

注意先に紹介したスキニージーンズとは、ここの手順が違います。

輪になっている裾のリブニットの部分もカットします。

カットする時に、縫い代分を残すのを忘れないようにしましょう!

カットした部分をニット用ミシンで縫い合わせます。

 

そして最後に、裾のリブニット部分が解けてこないように、片方に倒してタタキ縫います。

写真の赤丸部分▼

 

スパッツお直しの手順
  1. パンツを裏返して、お直ししたいサイズの印をつける。
  2. 直したいサイズに印をつけた部分に、縫い代分を入れてハサミでカットする。
  3. 印をつけたところをニット用ミシンで縫い合わせる。
  4. 裾のリブニットの部分を片方に倒して縫って出来上がり。(解けてこないようにするため)

 

ほんとうは、裾のリブニットは1番最初に解いてしまって、膝下部分のサイズダウンをしてから、もう一度リブニットを縫うほうが綺麗に仕上げることができます。

リブニットを先に解いたやり方のほうが、元の形と同じように仕上げることができますが、解く手間もかかるし縫製する部分が増えるので、できるだけ簡単な方法を紹介したいと思い、今回はこの方法にしてみました。



お直しリサイズのビフォー&アフター写真

では、写真でお直しのビフォー&アフターを見てみましょう。

まずは、ストレッチのスキニージーンズから!

ビフォー▼

アフター▼

膝下がすっきりタイトなスキニーになっているのがわかりますか。

裾を縫う時に、丈も2センチ短くしました。

ハイカットのスニカーを履く時にもたつかないから、今はこの丈がお気に入りです(°▽°)

膝下がすっきりスキニーだと、ハイカットスニーカーやショートブーツを履く時にすっきり見えるので、このくらいピッタリした感じのスキニーが好きです。

 

次は、スパッツを見てみましょう。

ビフォー▼

アフター▼

ビフォー写真を見てもらうとわかると思いますが、腿や膝下がダボついていて、学校の体育着みたいですよね^^;

お直しした後は、すっきりタイトにジャストサイズになりました。

私はトレーニングとウォーキング用にするので、こんな感じのタイトなスパッツが好きです。

 

ちなみに、このスパッツはしまむらで700円(税込)でした。

私には股下が短いけど、モコモコのハイソックスを履けば足首の寒さは防げるので、こんなに安くライン入りのスパッツが買えるなんて、しまむら最高です!

このスパッツは裏起毛になっていてあったかいから、外のウォーキングにはもってこいなんです。

今冬、履き倒します・:*+.\(( °ω° ))/.:+

あわせて読みたい
ウォーキング有酸素運動の習慣を身につける方法!有酸素運動3選をご紹介普段、運動をしていますか? なかなか運動をすることがない方でも、なるべく1週間に2・3度は身体を動かす習慣をつけてみませんか。 ...

お直しまとめ

家族の洋服もこのようにしてお直しをして、できるだけ着やすいようにしています。

ミシンがあるかないかでも、セルフリサイズ&リメイクお直しをどのようにやるのか変わってきますが、ちょっとしたお直しを「自分でやってみよう!」と思う人の参考になれば嬉しいです。

我が家では日本サイズはどうしても合わないことが多いため、洋服お直しが欠かせないけど、大きいサイズのものを小さくするのはどちらかというと簡単です。

小さいサイズのものを大きくする場合は、大きくするための縫い代があればいいですが、女性服はほとんどないことが多いです。

男性のスラックスでも出せるのは、最高で5〜6センチかな、という感じです。

それを踏まえて、我が家では大きめの服を買ってお直しするようにしています。

今は、ユニクロやGUにも大きいサイズが売っているので助かりますよね。

 

洋服のお直し、まずはもう着なくなってしまった洋服でチャレンジしてみるのはいかがですか?

ミシンさえあれば何度かお直ししているうちに、思っているより簡単にできるようになると思います。

お正月休みに洋服のお直し、ぜひチャレンジしてみてください!

今回も、最後まで読んで頂きありがとうございました。

ブログランキングに参加しています!
この記事が面白かったらポチッと(^^)

ABOUT ME
Rania.K
Rania.K
毎日を楽しむ方法を発信しています。楽しみ方のヒント、女性のライフスタイル、フリーランスな働き方、海外移住計画のこともブログに書いています。フリーランサー14年目*親子でオタクな趣味ブロガー
RELATED POST