ハンドメイド

パーカーのフードリメイク方法!初心者でもできるやり方教えます

既製品の洋服で、「ここがちょっと短かったらな」とか、「この部分がもう少し長くならないかな?」と思ったことはありませんか?

やり方次第では、思っているより簡単に直せることもあります。

今回は、パーカーのフードを小さくするリメイク方法を写真付きで説明します。

パーカーのフードを取り外すリメイク方法はこちらです▼

あわせて読みたい
パーカーのフードを外す方法!手縫いで簡単にできるやり方「ミシンがなくてもOK」 パーカーのフードを外す方法を写真付きで詳しく説明しています。 パーカーのフードを小さくするリメイク方法はこちらです▼ ...

その他のリメイク方法はこちらで紹介しています▼

あわせて読みたい
ハンドメイドの作り方・やり方【初心者でも作れるものを紹介します】この記事では【ハンドメイド・リメイクの作り方・やり方・コツ】などを、写真付きで説明しています。 初心者さんでも作れる簡単なものから...

この記事では、パーカー(フーディーHoodie)のフードを小さくする方法を紹介しています。

パーカーフードのリメイク方法

パーカーのフードが大きくて、フードの重さのせいで後ろ下がりになって着にくかったから、フードのサイズを小さく直してみました。

そのリサイズの手順を写真と一緒に紹介していきたいと思います。

パーカーなどは親子で着るため、XLサイズの服を購入することが多く、そのためかパーカーのフードもサイズと比例していて大きめな場合があります。

既製服を自分で少し手を加えることで、着やすくなると嬉しいですよね。

 

まずはパーカーのフードを横から見た写真。だいぶ長いのがわかりますね。

前側から見てもフードが大きめなのがわかります。

リサイズする前に着用して、小さくしたいだいたいの場所にチャコペンで印をつけておくと、平らに置いた時にわかりやすいですよ。

 

らん
らん
フードの裏側にも同じニットジャージ素材の生地を使っているから、フードがとにかく重いんです(>_<)

 

下記写真のチャコペンの印ぐらいまで、フードを小さくしていきます。

今回は、ほんとにフードが大きかったので約6センチほど短くしました。

 

まずは、フードの前側部分を解いていきます。

前側全体を解かなくても、フードを短くする部分より5〜6センチほど多めに解けば大丈夫です。

でも初心者さんは大きめに解いたほうが、後の工程がやりやすいですよ。

 

ある程度、前側を解いたら、次はステッチが縫ってある部分も同じように解きます。

 

ステッチが下の写真のようになっている場合(表側は2本ステッチ)は、カバーステッチができるミシンは普通のご家庭にはないと思うので同じ縫い方はできません。

同じように仕上げなくても特に問題はないと思います。

ステッチ部分がフードの紐を通す目的なら、カバーステッチでなくても大丈夫ですからね。

全く同じようにしたい場合は、断念するしかありません。

 

写真のようにステッチ部分も解いたら、前側部分が開きます。

 

次に、カットしたい部分の印をハサミで切ります。

注意生地をカットする時、縫い代分残すことを忘れないようにしましょうね。

 

ハサミでカットして、前側から見た感じ▼

次はフードの外側生地同士を中表で合わせて、赤く囲んである部分を縫い合わせます▼

私はニット用ミシンで縫い合わせていますが、普通ミシンでも大丈夫です。

ニット用のミシン糸とミシン針を使うのをおすすめします。

普通のスパン糸を使うと糸切れの原因になるので、ニット用糸を使いましょう。

ニット用の針を使うと、針の先が丸くなっているから生地を傷めません。

普通のミシン針を使うと生地に穴が開いてしまう原因になったり、他にもニットジャージ生地が解けてしまう原因になるので、きちんとニット用の針を使いましょうね。

そして縫い終わったら、カットした部分が解けないように布端にロックミシンをかけます。

ロックミシンがない場合は、ジグザクミシンをかけておきましょう。

 

縫い合わせたのをひっくり返して、表から見るとこんな感じになります▼

フードの中側生地部分も、外側と同じように縫います。

中側は外側より気持ち小さめにしておくことで、フードを合わせた時に生地が中側でもたつきませんよ。

 

外側と中側を両方抜い終わったら、こんな感じになりますね▼

 

次は、この開いている前側部分を縫い合わせます。

この時、縫い合わせる部分にしつけをするか、まち針をしておくと縫いやすいですよ。

表側から、コバステッチ(布の端に沿って縫ってあるステッチ)をかけるように、フードの端から端まで縫っていきます▼

 

赤丸の部分が厚くなってしまうので、縫い代を互い違いに倒すと厚さを軽減できて縫いやすいですよ▼

縫い合わせた厚い部分がズレているのがわかりますよね▼

 

次は、最初に解いたステッチを入れ直します。赤線部分が元々入っていたステッチ部分▼

はい、これでステッチも完成▼

あわせて読みたい
ワンピースお花見デートコーデおすすめ5選!春はワンピースで出かけようワンピースは一年中着れるし、トップスに羽織るものや小物・靴などが違うだけでも雰囲気を変えられて、着まわし方も簡単ですよね。 今年は...



フードのビフォー&アフター写真

らん
らん
こちらがビフォー 

 

らん
らん
そして、こちらはアフター

最初の写真と比べると、フードの長さが短くなっているのがわかると思います。

これだけでも、だいぶ重心が後ろに下がらなくなりました。

これならウォーキングの時にも着れるし、ルームウェアとして着ても問題ないです。

フリーランスとして家で仕事をしているので、ルームウェアが仕事着なので(笑)着心地の良さはとても大切なんです。

あわせて読みたい
【女性の働き方】フリーランスを目指す!私の経験談「経験したことは次のステップに繋がる」女性の働き方が以前よりだいぶ自由に選べるようになってきた今こそ、自分の人生にとって無理のない仕事を選ぶようにしたいものですよね。 ...

 

パーカーの着画写真

 

リサイズする前は、フードがもっと下がっていたんですが、着画ビフォーを撮り忘れました(^^;)すみません

これだけフードが小さくなったおかげで、後ろに下がることもなくなり着やすくなりました。

パーカーの生地も厚めなので重さがある上に、フードも大きくて着にくかったんですが直して着心地が断然変わりました。

ニット用ミシンやロックミシンがなくても、家庭用ミシンで十分お直し可能だと思います!

ジャージニットを縫う時の注意点

  1. ニット用の糸を使う。
  2. ニット用の針を使う。
  3. フードの中側を気持ち小さめにする。


最後に

既製服はどうしても標準サイズで作られることが多いので、合わない人も多いと思います。

そんな時に、自分でリメイクやリサイズしてみる方法を少しずつ紹介していきますから、参考にしてみてください。

特別な生地の場合は別としても、家庭用ミシンで直せるものもたくさんあるので、ヒントになれば嬉しいです。

国際結婚ファミリーの我が家は、日本サイズが合わないことが多いので、リサイズ&リメイクをすることが多いです。

Alex
Alex
ブラジルに帰った時は洋服をたくさん買ってくるよ!
国際結婚のことやブラジルのことは、家族ブログ『HAPPY MIX LIFE』でママが書いているから読んでね。

注意紹介したリサイズ方法は参考に留めるようにして、自己責任の元で行ってください。

今回も、最後まで読んで頂きありがとうございました。

ブログランキングに参加しています!
この記事が面白かったらポチッと(^^)

ABOUT ME
ran.K
ran.K
毎日を楽しむ方法を発信しています。楽しみ方のヒント、女性のライフスタイル、フリーランスな働き方、海外移住計画のこともブログに書いています。フリーランサー13年目*親子でオタクな趣味ブロガー
RELATED POST