ライフスタイル

お風呂に浸かることのメリット3つをご紹介します!お風呂でリラックスタイム

忙しい毎日が続くと、簡単にシャワーだけで済ませていませんか?

冬以外にもお風呂に浸かって身体を温めることは、心にも身体にもとてもメリットがたくさんあります。

寒い季節は身体の冷えを感じてお風呂に浸かる人は多いと思うけど、今の季節でもエアコンで身体は冷えてしまってるんですよ。

今回はお風呂に浸かって、心も身体もリラックスすることのメリットや、快適な睡眠を取る方法をご紹介します。

お風呂に浸かる習慣

ついつい忙しい毎日が続くとサッとシャワーだけで済ませてしまいがちになりますよね。

でも今の季節でも週に2〜3回はお風呂に浸かり温まって、身体のメンテナンスをしてみるのはいかがですか?

 

9月になり真夏のような暑さがなくなり落ち着いてきたけど、まだまだ室内ではエアコンが効いている場所がたくさんあります。

オフィスでもまだエアコンが効いていることが多いと思います。

どうしてもエアコンで空調管理されていると、足元はもちろん冷えるし身体の芯も実は冷えています。

エアコンで身体の芯まで冷えた身体を温めるには、ぬるめのお風呂にゆっくり入るのがおすすめです!

そんなお風呂に浸かることのメリット・効果をご紹介していきます。

 

筋肉をほぐす効果

ぬるめのお風呂にゆっくり入ることでリラックス・筋肉をほぐす効果を得られます。

オフィスやお店などのエアコンで身体が冷えると、必ず肩や背中がこってしまうんですよね(>_<)

身体が冷えることで、知らず知らずのうちに身体に力が入っているせいだと思います。

そんな時はお風呂に浸かって、冷えからくる身体のこりをほぐしています。

身体も心もリラックスして、次の日に疲れを持ち越さないように心がけることって大切ですね。

 

そして身体が冷えると代謝も下がり、ダイエットをしている人は効果が出にくくなってしまいます。

お風呂に浸かって温まる方法以外には、身体を温める紅茶を頂くことも効果的ですよ。

身体を温める効果のある紅茶のことをまとめた記事はこちら▼

あわせて読みたい
体を温める飲み物で代謝を促進!冷え性対策やダイエットにもよい紅茶多くの女性の悩みの一つ「冷え性」 身体が冷えると免疫力が下がるのはもちろんのこと、身体の代謝も下がってしまいます。 冷え症対...



リラックス効果

お風呂に浸かりながらリラックスできると、翌日の身体の疲れが違うと思います。

一日の疲れをお風呂に浸かってリセットできると嬉しいですよね。

私の場合は長風呂するとかえって疲れてしまうから、20〜30分で出るようにしています。

その約30分のお風呂タイム、一人時間が次の日の元気の元になってます。

お風呂に浸かってゆっくりする一人の時間を、一日の疲れをリセットする効果的なルーティーンにするといいですね。

リラックスできる一人時間を楽しむ方法をまとめた記事はこちら▼

あわせて読みたい
40代・50代の毎日を楽しむ方法!自分のやりたいことが何かを知る40代・50代になり子育てが落ち着いてきて、自由にできる時間が増えたら、楽しむための方法を見つけてみませんか? 今回は、人付き合い...

お風呂の入り方で良い眠りにつける効果

快眠のためによい入浴の仕方をご紹介します。

ただ入浴をするだけでは逆に眠りを妨げてしまう場合もありますので、お風呂に浸かる時はこの方法をぜひ試してみてくださいね。

 

お風呂に入るタイミング

帰宅が遅くなり寝る前にお風呂に入っている人も多いと思いますが、できれば布団に入る1〜2時間前にはお風呂に入るように心がけると入眠するのに役立ちます。

お風呂から出て、身体がポカポカしたままだと入眠しにくいのはご存知ですか?

人は体温が下がりだすと眠気を感じるようになります。

そのため入浴直後だと、体温が高いままなだから入眠しにくいんです。

入浴後体温が下がり始め1時間後くらいに、ちょうど眠気がくる体温まで下がってくるので、布団に入る時間を逆算してそのタイミングでお風呂に入るのがおすすめです!

 

お風呂の温度

湯船の温度はぬるめに!

熱いお風呂が気持ちよくて40度以上で入っている人は、その熱い温度はNG!です。

できれば38〜39度くらいの、ぬるめの温度のお風呂にゆっくり入る方がベター。

熱すぎる温度のお風呂に浸かってしまうと交感神経が活発になってしまって、眠るためには副交感神経を優位にさせなければならないのにこれでは逆。

ぬるめの湯船にゆっくり浸かって、副交感神経を優位にさせて神経を落ち着かせるとリラックス効果はもちろん、入眠するのにも適しています。

朝はその反対で、40度くらいの熱めのシャワーを浴びることで、目覚まし効果があります(°▽°)

朝の目覚めが悪いと感じる時は、熱めのシャワーを浴びることでスッキリしますよ。

真冬など寒い時は外で冷えた身体を温めたくて、ついつい熱めのお風呂に入りたいけど、部屋や脱衣所などをきちんと温めて、ぬるめの湯船に入りゆっくりと身体を温めるように心がけましょう。


今回のまとめ

お風呂に浸かることで身体へのメリットや快適な睡眠のこと、いかがでしたか?

忙しい毎日だからこそ、時にはゆっくり湯船に浸かって、リラックスする習慣を心がけてみてください。

スマホでSNSをチェックする時間をやめてみたり、テレビ番組を一つ見るのを週末のお休みの日にしてみたり。

ウィークデイの忙しい毎日にやっているなにか一つやめてみて、お風呂にゆっくり浸かって身体のメンテナンスをすることが、思っている以上に大切な習慣になると思います。

今回も、最後まで読んで頂きありがとうございました。

ABOUT ME
Rania.K
Rania.K
毎日を楽しむ方法を発信しています。楽しみ方のヒント、女性のライフスタイル、フリーランスな働き方、海外移住計画のこともブログに書いています。フリーランサー14年目*親子でオタクな趣味ブロガー
RELATED POST