【君の膵臓をたべたい】タイトルの秘密《感想レビュー》

タイトルのインパクトでずっと気になっていたけど、なかなか読むチャンスがなかった本の

【君の膵臓をたべたい】を読んでみました。

原作を読んだ後、実写版映画もアマゾンプライムビデオで見てみました。

原作・実写版映画について、ネタバレ感想レビューをまとめていこうと思います。

インパクトがすごいタイトル「君の腎臓を食べたい」

原作は発売当時からタイトルが気になり、読んでみたいと思っていました。

次男がブックオフで中古本を買ったので、やっと読むきっかけができました。

【君の膵臓をたべたい】は、住野よるのデビュー作。

2017年7月に実写版映画が公開され、去年2018年9月1日から劇場アニメが全国ロードショー公開されました。

原作発売当初に、タイトルのインパクトさに驚いたのを覚えています。

「腎臓を食べたいって、ハンニバルか!」

と突っ込みたくなる、あまりにもホラーちっくなタイトルに度肝を抜かれました(笑)

「この手の本はきっと恋愛がらみだろう」という予想も外れました。

そもそも恋愛小説は、あまり好きではないので好んで読みませんが、この本は恋愛とは違ってもっと違う人間関係を描いた話でした。

恋愛といよりもっと深い繋がり、そう「ソウルメイトのような関係だなあ」と思いました。

 

タイトルは戦略?

【君の膵臓をたべたい】は、タイトルの強烈さは当初から話題になってましたよね。

タイトルについては、「著者の戦略なのかも?」と思ったんですが・・・

読んでみてホラーちっくなタイトルの意味もわかったので、読んでみてよかったです。

たぶんこのタイトルのせいで、私のようにこの本を読んだ人も多いはずですよね(笑)

それでは、ネタバレと感想レビューいってみましょう⌒*



「君の膵臓をたべたい」原作ネタバレ!

2015年6月に発売されてから4年も経った今、やっと読んでみることになった【君の膵臓をたべたい】なんですが。

内容は、当初私が想像していた内容とは全く違いました。

タイトルのせいで「ストロベリーナイト」の著者、誉田哲也のような小説かな?と、勝手に想像していたからなんですが(笑)

誉田哲也が書くようなストーリーではありません。

中学生の次男が読んでも問題ない内容でしたよ。安心ください(笑)

 

ここからネタバレです!

注意ここからネタバレなので、内容を知りたくない方は飛ばしてくださいね!

【君の膵臓をたべたい】を、読んでる途中で「こんな終わり方だろうなあ。」

という予想はスパッと裏切られました。

 

主人公について

【君の腎臓をたべたい】に出てくる主人公

  • 小説を読むことが好きで、大人しく目立たない性格の「僕」
  • 明るい性格でクラスのみんなに好かれていて、友達がたくさんいる「山内咲良」

この2人の主人公を中心にストーリーが進んでいきます。

まったく正反対な性格の2人なんですが、実はお互い憧れていたのが後々わかります。

自分が持っていない相手の性格、そこが2人が惹かれ合った理由でもあります。

主人公の「僕」にとって、山内咲良の誰からも好かれ友達もたくさんいる明るい性格が、次第に影響を受けていく様子が書かれていて。

それまでは1人で本を読むことが一番の楽しみで、友達と関わろうなどと思わなかったのに、心境に少しずつ変化が現れます。

その反対に、山内咲良はたくさんの友達に囲まれているけど、いつも1人で本を読んでいる彼「僕」の内面の強さに実は憧れを持っているんですね。

たくさんの友達に囲まれているけれど、家族以外の誰にも自分の病気のことは隠したまま、明るく学校生活を送っているような咲良。(山内咲良は持病ため余命が少ない状況)

周りにたくさんの友達はいるけど、相手を想うばかりに本当の自分を晒すことができません。

それは自分に残された時間を、病気のせいで友達に気を遣わせてしまうことを避けたいという理由で、病気のことは誰にも言わずに毎日を過ごしていました。

ある時、その秘密がひょんな事で主人公「僕」にバレてしまい、そこから2人は友達になっていきます。

強引な咲良の行動で2人は時間を共有することになります。

そして2人の間には「友情とも愛情」とも呼べるような人間関係が生まれます。

 

ラストは想像できない終わり方だった

ラストは想像と違って、山内咲良は本人の病気が原因で亡くなりません。

病気系の内容で有名な著書「世界の中心で、愛をさけぶ」がありますが、

当初、ラストはセカチュウ系だと思っていたので、正直拍子抜けしてしまいました。

ネタバレしますが、山内咲良は通り魔に殺害されて亡くなってしまうんです。

でも病気で亡くならなかったというラストに、著者が深い意味を持たせたかったのかもしれません。

主人公の咲良が腎臓の病気のため、本人も家族も、そして作中でストーリーを進める「僕」も余命が残りわずかだとわかっていました。

そうわかっていながらも、咲良がもっと早くに命を落としてしまったという事実が、この作品の中に込められた想いがあると思いました。

残された時間がわずかだとわかっている中で、それでもまだ時間はあるだろうと思っていたから、できなかったことがありました。

そのために悔いが残ってしまった。

その可能性は誰でも起こりうることではないでしょうか。

毎日、緊張して過ごせというわけではないけど・・・

この【君の腎臓をたべたい】を読んで感じたことは、

「後悔のないように、毎日をしっかり生きていくことが大切」なんだと私は感じました。



山内咲良の共病文庫

話の中心になる「共病文庫」

主人公の2人が親密になるきっかけになったのが「共病文庫」なんですが。

「共病文庫」は、咲良が書いていた日記のようなもの。

その共病文庫のラストの部分で、咲良からみんなへのメッセージ(遺書)があり、彼女の想いがここで明らかになります。

最後、咲良に会うことができないまま死別することになった、「僕」の疑問についても、その部分でわかります。

2人の関係は、友達・恋人のようなありふれた言葉ではもったいない。

咲良が書き残した言葉が

「君の腎臓を食べたい」でした。

つまりこの言葉が本のタイトルなわけです。

なぜ咲良が「君の腎臓を食べたい」そう書き残したのか?

そこについては作中で軽く出てくるんですが、最後ここに繋がるんだなあと著者の構成のうまさを感じました。

最後の、咲良からみんなへのメッセージ(遺書)のところは涙出ますよ。

「僕」が咲良に送った最後のメールが、亡くなる前に届いていたことがわかったところで、私は泣きました。

 

名前が出てこない理由

作中で主人公の志賀春樹については、ずっと名前が出てきません。

「僕」だったり「仲良しくん」のように表現されているんですね。

最初は読みづらかった^^;

その名前が出てこない理由は、咲良が亡くなった後でわかります。

理由について最後でやっと納得できました。

君の膵臓をたべたい [ 住野よる ]
created by Rinker

 

大切なことを手書をきする習慣!

本の最後で、「僕」が咲良の親友恭子に共病文庫を読んでもらい、咲良が生前隠していたことを知ってもらうことにするんですが・・・

咲良の病気の真実を知らなかった親友恭子は、通り魔に会って命を奪われた事実しか知りません。

「僕」が喫茶店で恭子に会い、咲良の共病文庫を差し出す場面があり、

そこで共病文庫の文字を見ただけで、恭子は咲良が書いた字だとわかるんですね。

その部分を読んだ時に思ったことありました。

私も書くことが好きなので、毎日モレスキンノートにいろんなことを書いています。

仕事のことはもちろん、プライベートなことや子供たちのこと、なんでも書いています。

文字を書くことが多い方は共感してもらえると思いますが、

親しい間柄なら文字だけで誰が書いた文字なのかわかりますよね。

ラインやパソコンのメールと違い、実際に書いたものって、その人の想いが入っていると思っています。

だから子供たちからもらった手紙は、大切に大切にしまってあります。

この【君の腎臓をたべたい】を読んで、大切な人にはこれからも手紙をたくさん書こうと思いました。

大切なことは手書をする習慣、これからも続けていきます。

あわせて読みたい
モレスキンノートどんなふうに使ってる?魅力・種類・使い方・教えます世界中で愛されている、モレスキンノート。 私も毎日使っていて、とにかく私にとって欠かせない私の一部でもあるくらい大切で大好きな必須...

【君の腎臓をたべたい】実写版

【君の腎臓をたべたい】実写版キャスト

  • 山内桜良:浜辺美波
  • 僕(志賀春樹):北村匠海
  • 滝本恭子(学生時代):大友花恋
  • 一晴(ガム君):矢本悠馬
  • 隆弘:桜田通
  • 栗山:森下大地
  • 宮田一晴(現在のガム君):上地雄輔
  • 桜良の母:長野里美
  • 恭子(現在):北川景子
  • 僕(現在):小栗旬

 

実写版映画はアマゾンプライムビデオで見ました。

キャストを見てもらうとわかると思いますが、豪華メンバーが勢ぞろいですよ。

人気俳優さんだらけであります。

実写版映画は、原作と違う部分がいろいろありました。

原作では最後の方でやっと「僕」の名前が志賀春樹とわかるんですが、実写版では早い段階で明らかになっていました。

原作と実写版の違いについては、気になるほどではなかったです。

実写版の中で違和感を感じた部分なんですが、咲良の親友恭子に真実を伝える場面。

大人になって教師になった春樹が、図書室で本の整理をしていて、咲良からのメッセージを見つけるんです。

当時、2人で図書委員をしていたため気づくことになるんですが・・・

そのメッセージを大人になった恭子の結婚式の当日に、「僕」志賀春樹が持って行ってメッセージを伝える設定になっています。

ちなみに、大人になった恭子役の北川景子さんのウエディングドレス姿、キレイでしたよ。

でも結婚式当日にそのメッセージを見つけて、結婚式場に持って行くという偶然はちょっと厳しくないですかね^^;

 

アニメーション版

【君の腎臓を食べたい】のアニメーション版は、去年2018年9月1日から劇場アニメが全国ロードショー公開されました。

そのためまだ見ていません。

アマゾンプライムビデオで見れるようになったら見て、感想レビューを追記したいと思います。

あわせて読みたい
テレビがない我家が動画配信サービスを5社比較してみた結果!国際結婚家庭の理由テレビを断捨離した我が家が、現在利用している動画配信サービスの5社の比較、サービス内容&値段、メリット&デメリット、理由を紹介します。 ...

まとめ

原作と実写版は多少内容が違うものの、全体的なストーリーは同じ感じでした。

次男もスラッと読めた内容の本なので、中学生や高校生にも読んでみてほしいと思いました。

【君の腎臓を食べたい】を読んでみて・・・

「平凡な毎日を過ごせることが幸せ」ということを、強く感じた本でした。

そして「生と死」についても考えさせられました。

先月、愛猫のモモを亡くしたばかりで、まだきちんと心の整理ができていません。

いつも一緒にいた誰かを失うと、後からまた悲しみが襲ってきます。

普段の生活が変わってしまったことで、失った現実を突きつけられるから・・・

そんな時に、偶然読んだこの本で少しだけ前に進めたように思いました。

思い出に残る1冊になりそうです。

見送ったペットたちは、ずっと心の中で生き続けていますよね。

Let’s move on!!

今日も訪問ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています!
ポチッと応援お願いします(^^)

ABOUT ME
Rania.K
Rania.K
毎日を楽しむ方法を発信しています。楽しみ方のヒント、女性のライフスタイル、フリーランスな働き方、海外移住計画のこともブログに書いています。フリーランサー14年目*親子でオタクな趣味ブロガー