ハンドメイド

【ハンドメイド】コースターを作る!ミシンがなくてもOK《初心者向け》②

ミシンがなくてもハンドメイドに挑戦してみませんか?

手縫いで作るパッチワークキルトの丸いコースター、前回の続きから紹介します。

「ハンドメイド&ものづくりを一緒に楽しみましょう☆*:. Let’s try!!」

前回①はこちらです▼

あわせて読みたい
【ハンドメイド】コースターを作る!ミシンがなくてもOK《初心者向け》①ミシンがなくてもハンドメイドをやってみて、ものづくりしてみませんか? 今日は、手縫いで作るパッチワークキルトの丸いコースターを作り...

手縫いパッチワークキルトコースターの作り方・手順

【今日の手順】

  1. カットした生地とキルト芯をまち針でとめる。
  2. 型紙を生地にのせてチャコペンで印をつける。まち針をつけた生地とキルト芯をしつけ縫いする。

 

カットした生地とキルト芯をまち針でとめる

写真のように、カットした生地をキルト芯の上にのせて、まち針で簡単にとめます。

まち針でとめた生地とキルト芯を一緒にカットします。

 

カットした生地とキルト芯をしつけ縫いする

ざっくりでいいので、生地とキルト芯がずれないようにしつけ縫いをします。

しつけ縫いが終わった写真がこちらです▼

  • 写真左側:キルト芯側から見たところ。
  • 写真右側:裏側の生地側から見たところ。

しつけ縫いの目的は、生地とキルト芯がずれないようにするためなので、ご自身に合った幅・量でかまいません。

しつけ糸がない場合、しつけ糸じゃなくても大丈夫ですよ。手縫い糸やミシン糸を2本どりして使えばOKです(*・∀-)b

 

あわせて読みたい
ハンドメイド作品集【世界に一つだけのオリジナル品を楽しむ!】実例紹介ハンドメイドを仕事でもプライベートでも楽しんでいる、ran.K(@ran_cosme)Raniaです。 仕事でも縫製して洋服やバッ...

 

今日は前回の続きから、カットした生地とキルト芯をしつけ縫いするところまでできました。

これで裏側の準備はOKです。次回は、表側になるパッチワークの手順を紹介します。

続きはまた明日・:*+.\(( °ω° ))/.:+ 今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

前回①はこちら 続き③はこちら

ブログランキングに参加しています!
この記事が面白かったらポチッと(^^)

ABOUT ME
Rania.K
Rania.K
毎日を楽しむ方法を発信しています。楽しみ方のヒント、女性のライフスタイル、フリーランスな働き方、海外移住計画のこともブログに書いています。フリーランサー14年目*親子でオタクな趣味ブロガー
RELATED POST