国内旅行

【H2Bこうのとり7号機】種子島宇宙センターから2度目のロケット打ち上げを見に行ってみた!

種子島にある宇宙センターをご存知ですか?

今回は【H2B】ロケットの打ち上げを見に行った、感動体験をまとめてみました。

種子島宇宙センター

 

私の第2の故郷、種子島

種子島にある宇宙センターは、ロケットの打ち上げでも有名だから、ご存知の人も多いですよね。

自然が周り中にいっぱいあって、海と緑のコントラストがほんとにキレイな島です。

道路沿いには、南国特有の木があり気分はトロピカル!

まだまだ気候は暑いから季節はまだまだ夏でした。

 

とにかく空も海もキレイだから自然と心が癒されますね。

ただおにぎりを持ってお散歩するだけでも、普段のウォーキングとはまったく違って、自然からたくさんパワーもらえた気がします。

自然の力はとにかく偉大!

 

 



【H2B】打ち上げ時の詳細

YouTube&Twitterに動画アップ

素人がiPhoneで撮影した動画だから見にくいかもしれないけど、打ち上げの迫力は伝わりますよね?

動画で撮ると光しか写らなくて、ロケットの形は見えなかったですね(笑)

それにしても光が出てる対象物の撮影は非常に難しい(*_*)

今回また思い知らされました。

テレビやネットなどで見るプロが撮影した動画が、いかにすごいかわかりますよね。

YouTubeTwitterに動画アップしたので見てくださいね!

 

見学した状況

今回の【H2B】ロケット打ち上げを撮影した場所は、3ヶ所の見学地点の中の一つ、平山見学場所。

発射台から3キロちょっとの距離で、一番人気の場所です

駐車場は300台分しかないので、空き地に車を置いて見学地点まで20分ほど歩きました。

ちなみに、駐車場は先着順で3時間前にすでに満杯だったそうです。

やはりロケット打ち上げは、種子島最大イベントだから納得ですよね。

打ち上げ時間が昼間なら、お弁当を持って遠足気分で気長に待つのも楽しそうですよね。

でも今回は夜中のため、お弁当を持って遠足気分とはいかなかったけど、十分ワクワクしました。

 

スピーカーカウントダウンは、ロケット打ち上げの一時間前から5分おきに流れ、500秒前から1秒ずつとなりドキドキでした。

10秒前からは興奮と緊張はMAX!

2秒前にメインエンジンスタート、周りからはシャッター音がカシャカシャと。

ゼロで固体燃料が点火され、まるで昼間のように周りが明るくなり、しばらくして轟音が轟いてきました。

身体ににはビリビリビリビリと空気の振動。

アッという間に東の上空にいき、夜空の星と同じ明るさになりました!

打ち上げ時の天気は快晴・温度は24度、満月に近い月明かりで無風状態と、ロケット打ち上げには最高のロケーションでした。

 

深夜にもかかわらず休日だったため、他県から来客者が多く来ていました。

いや〜、これは一度は見てもらいたい最高にワクワクするイベントだと思います。

種子島に、ロケットの打ち上げを見に行こうツアーもあるみたいなので、興味がある方はぜひ一度種子島へ足を運んでみてくださいね。

 

 



【H2B】どんなロケット?

【H2B】は【H2A】の約2倍で8トンの、衛星打ち上げ能力の日本最大のロケット

これまでに6回打ち上げをしていて全部成功しています。

100%の成功率って、すごいですよね〜

 

搭載されいている、「こうのとり」は打ち上げから15分後に、高度287キロメートルの上空で切り離され、国際宇宙ステーション(ISS)に送り出す軌道に投入。

このあと27日午後8時ころ、ドッキング作業に入るようです。

はるか彼方約400キロメートル上空を、秒速約8キロメートルで周回している、「ISS」と並走して10メートルまで近づき、滞在している宇宙飛行士が、ロボットアームを使いキャッチするわけです。

「こうのとり」には、宇宙飛行士に必要な生活用品や、電力のためのリチウムイオン電池など、たくさんの物資が詰め込んであります。

宇宙飛行士たちの必要な物資を届けることから、物語などで赤ちゃんと幸せを運んでくる「こうのとり」とロケットに名付けたのかしら?

私はそう思いました。

 

「こうのとり」のドッキング作業緊張するだろうけど、問題なく成功してほしいですね。

宇宙の星だらけの中(宇宙にいたら星は見えないのか?)で作業とか、想像の域を超えていて想像すらできないけど、神秘的な世界なんだろうな。。。

酸素がない宇宙って、海の中にいるような感じなのかしら?

そんなふうに想像するだけで楽しくなります。

 

そして11月には「こうのとり」から、小型カプセルを地球に下ろす実験が、計画されています。

今まではロシアに輸送手段を頼っていたけど、今回のこの計画が成功すれば、日本独自で輸送する技術ができるわけですね。

日本の技術を世界中に示すチャンス、心から成功を祈っています。

 

当初【H2B】は、11日早朝打ち上げ予定だったけど、台風の接近やら天候不順と、ロケット部品の不具合で、4回も打ち上げ予定日を延期していました。

そのおかげで、今回のロケット打ち上げを見ることができて、自分の運の良さをまた確信しました。ラッキー!

なんともポジティブ人間であります(°▽°)


種子島宇宙センターロケット打ち上げのまとめ

 

今回の種子島宇宙センターと、【H2B】ロケット打ち上げ見学体験談いかがでしたか?

宇宙へ行くロケットのことは、子供さんや好きな人にとったら夢があり神秘的な世界です。

私が子供のころには想像もしていなかったことが、今ではどんどん実現されています。

一般人が宇宙へ行く!」という夢も、もうすぐ叶うと思うとワクワクしてきますよね。

一般人が宇宙へ行くといえば、ZOZOTOWNの前澤社長。

前澤社長の月周回旅行計画が実行される日が楽しみです。

 

今回【H2B】ロケット打ち上げを見学してまた一つ思ったことは、

夢って叶うんだな〜」と、いうこと。

これからも【旅ログのカテゴリー】で、種子島のことを徐々に記事にしていきますのでお楽みに♡

 

ABOUT ME
Rania.K
Rania.K
毎日を楽しむ方法を発信しています。楽しみ方のヒント、女性のライフスタイル、フリーランスな働き方、海外移住計画のこともブログに書いています。フリーランサー14年目*親子でオタクな趣味ブロガー